真学道場Shinは、1学年の生徒が約10名前後の小さな個人塾。

大手塾が、セントラルキッチンで調理されたファミレスや工場製のパンだとしたら、

当塾は、町の小さな洋食屋(いや和食屋でもそば屋でも構わないのですが)や、

焼きたての自家製パン屋さん。

そんな塾だと、お考えください。



塾選びについて


奈良・畝傍高校を狙うために小学生から


高校受験で奈良高校や畝傍高校といった県内公立トップ校を目指すには、小学校の間にきっちりと基礎を固めておく必要があります。読むことをしっかり読み、書くことをしっかりと書き、覚えることをしっかり覚え、考えることをしっかり考える、一見当たり前のことなのですが現在の子は、これがおろそかになっています。特に、覚える力、考える力がなく少し考えれば解けるであろう問題にもすぐ諦める癖がついてしまっている子が多く見受けられます。中学校では、学習内容も増え、暗記量も増え、解く問題の量も増えますが、小学校までの学習習慣のない子は中学入学と同時につまづき始めます。そうならないための、学力と学習習慣をしっかりと身につけさせることを主眼に小学生の指導を行っております。小学校の間は大丈夫は大きな落とし穴だとお考えください。


塾通いが初めての中学生、一刻も早く!


ここ数年来、塾通いを始める時期が遅くなる傾向が見られます。もちろん、中学入学と同時に塾通いを始められる子もいますが、一昔前に比べるとかなり少なくなりました。たいていの方は、中学校の成績が下がり始めたり、伸びなくなってからや、さらに遅れてという方のようです。ご存じのように、勉強というのは積み重ねで、特に英数はその傾向がはっきりしています。上の項目でも書いていますように、中学校での成績不振の原因は小学校までに学習習慣が身についていないからです。ですから、入塾の時期が先延ばしすればするほど、取り返すのは難しくなっていきますし、負担も大きくなります。その負担の大きさに押しつぶされ結局挫折する結果になってしまいます。


塾は大きさではありません。


「うちの子には、大きな塾は合わないので」という理由で、当塾を候補にされる方が時々いらっしゃいます。では、合う子だったら大きな塾を選ばれていたのでしょうか。大きな塾は、進学実績と確立されたような指導システムの良さで多くの生徒を募集しています。しかし、小さな個人塾は指導力で大きな塾に負けていることはありません。大きな塾での全体的な授業についていけないという懸念をするよりも、少人数での指導経験豊富な指導者に習う方がはるかにメリットが大きいはずです。塾長が全生徒を直接指導しているからこそ、保護者の方もお子様の相談や学習面での疑問点なども、常時的確にお応えできることが可能です。大人数の中の1人の生徒になるよりも、少人数の中の1人の生徒の方がメリットは多いです。


奈良・畝傍・郡山高校志望から平均点以上を目指したい子まできっちり対応





高校進路指導もまかせてください





個別指導塾を選択すべき子とは








塾長ブログへ

真学道場Shinとは

塾選びについて

募集要項

入塾方法

Q & A

塾長紹介

塾選びについて

推薦メッセージ

アクセス